旅行前日になると一気に行く気が失せてくる陰キャラ日本代表あつしです😂

今日も一日家で勉強してると思います(でも、遊んでる時はほんまに楽しいんで、みんな誘ってね❤️)

さて、今日も自己満足の書評を書いていきたいと思います!!まあ、ここで紹介するということは、少なくとも僕はめちゃくちゃいい本だと思ったということです!!

「なんでもっといい仕事を探さなかったのだろう…」、「あんな職場はすぐにやめるべきだった…」

いきなりですが、みなさんこの超ネガティブな発言は誰が発したものだと思いますか?

多分みなさんの頭の中に思い浮かんでる人物は、就職して間もない20代の子や、40代になって自分の選択ミスに悔やんでるオッチャンの姿じゃないですか?

実は、これらのネガティブ発言。どちらも100歳近いご老人の方が嘆かれたものなんです!!😱

2012年にコーネル大学が1500人の老人に「人生でもっとも後悔したことは?」と尋ねたところ、1番多かったのはキャリア選択への未練の言葉だったようです!!

つまり、「お金を稼げればそれでいいや…」とか、「できるだけ楽な仕事にいきたいなー」みたいな安易な気持ちで就職をするというのは、本当に人生を大きく踏み間違えてしまう要因になる可能性があるのです。。。

そもそも、この本の中で書かれている「適職」というものの定義はどういったものなのでしょうか?

それは、「あなたの幸福が最大化される仕事。そして、生活の満足度が上がり、喜びを感じる場面が増え、ネガティブな感情を減らしてくれる職」と書かれています。(一部要約入れてまーす🙇‍♂️)

つまり、「お金がいっぱいもらえたり、仕事が楽でも自分の人生が幸福じゃなかったら意味ないから、人生が良くなる職業選ぼうな!!」ってことです👍

一般的に言われているいい職業の条件というのは、「お金」、「楽さ」、「好きなもの」などみなさんも一度は聞いたことがあるでしょう。

ただ、これらの条件は幸福という面で考えると、間違いであったり、あまり重要でないということが最近の研究で分かってます🙅‍♂️

Q.では、どんな条件を満たす職業を選べば自分の人生を豊かにしてくれるの?

その答えは、すべてこの本(鈴木 佑著「科学的な適職」)の中に書かれているでしょう!!

今の仕事に満足がいかず、転職を考えていたり、はたまた今から本格的に就職活動を始めようと思っているそこのあなた!!是非、その手始めにこの本を手に取って一度読んでみてはいかがでしょうか?

起立、気をつけ、礼、ありがとうございました😊