1時間最初の挨拶を考えて、思いつかないから逆にこれを挨拶にしてやろうと踏み切るという裏技にいきついたあつしです😒

誰か一回ひっぱたいてやってください🙄

さて、前回と前々回に続き今回もお金の話しをさせていただこうと思うのですが、これでラストなんでどうかお付き合いよろしくお願いします🙇‍♂️

今回は、タイトルにもあるとおり「お金の役割」についてお話しさせていただきます。何気なく使っているお金がどのような機能を持っているのか改めて確認していこう!ということです👍

お金の役割というのは、大きく分けて3つに分けることができます!!

①価値の尺度…これはどのようなものにどれだけの価値があるのかということを数字というわかりやすい尺度で表すという機能です。例えば、お金がないとりんごがチョコ3個分で、みかんがチョコ5個分というようにそれぞれにお互いがどれだけの個数で交換できるのかということを決めていかなければなりません。その不自由をなくすために「お金」という1つのものに価値をつけて、それで価値を測るということにしたんですね。

②交換(決済)手段…現代では、誰もがお金の価値というものを信じ、当たり前のようにお金を使って、色々なものと交換していますが、冷静に昔のことを想像した時、たかだか縦横数センチの長方形の紙切れと、生きていくのに不可欠な食べ物を交換することは、意味がわからない行為だったんですね。でも、ある集団の全員がお金というものの価値を信じ、すべてのものと交換することのできる手段として認識したため、現代のお金は存在し得るのです!!(ここで、「お金=信用」っていう公式が見えてくるよね🧐)

③価値貯蔵手段…この「価値貯蔵手段」については、前回の「お金の歴史」を見てもらった方が分かりやすいと思うんですが、簡単に説明すると、もしお金が肉や魚だった場合将来のための貯金というものができなくなってしまいます。なぜなら、腐ってしまうから。お金というものは、今すぐ使わなければいけないケースは、多くなく、大半は将来のための貯金だったり投資だったりに回されるでしょう。そのミスマッチを解決するために今のような紙やコインという貯蔵可能なお金の形に自然となっていったんですね!

ざっと、「お金の役割」について説明してみましたが、いかがでしたでしょうか?当たり前のように使っていたお金の機能が見えてきて、「意外とお金ってすごいんや!」と思ってくれたら幸いです!!

これで、お金についてのブログは一旦終わることになりますが、自分達が最も使うことの多い道具のひとつでもある「お金」について少し考えてみることがあってもいいんじゃないかとぼくは、思います。

しかし、現代の人達はお金を稼ぐことばかりに気を取られ、人間として大切な幸福の形について忘れてしまっている人も多くありません。お金を稼がないと生活ができないことも事実ではありますが、自分にとって幸せなお金との向き合い方をしていきましょう!!😊

起立、気を付け、礼、ありがとうございました😊