最近、自転車で外に出る度に雨に打たれる大阪の天気の子あつしです🙂

そろそろ雨男卒業したい…

ここ最近のニュースと言えば、以前のブログからも度々触れている、「コロナウイルス」が1番に思いつくものだと思いますが、今回のブログでは、コロナウイルスがどんなウイルスでどのような対策を講じればいいか紹介していきたいと思います!😁

結論からお話ししますと、対策として有効なのはシンプルに「手洗い」と「マスク着用」ですね。

なぜかというと、コロナウイルスというウイルスの性質上、空気感染ではなく飛沫感染によって、感染していくからなんです、、、「飛沫感染ってなに!!??」ですって?笑

飛沫感染…「患者の咳やくしゃみによって、飛んでいく病原体が、他人の粘膜に付着することで感染が成立する。」(by ウィキペディア先生👨‍🏫)

詰まるところ、すでにウイルスに感染しているひとの唾液や唾に接触することで感染するっていうことですね!

てことは、予防策として有効なのはもちろん、患者からの咳やくしゃみから防御するための「マスク」は必要ですが、さらに重要なのは「手洗い」です。

もし、患者が咳やくしゃみを防ぐために口を手で防いだとしても、その手でどこかを触り、そこを他の人が触ってしまうと、その人の手にはコロナウイルスが付着したことになります。

実は、今回のバスの運転手が感染した経路もこの理論で説明がつけられています。

オーストラリアで、「コロナウイルス」の人工培養に成功したというワクチンを作ることができるかもしれない明るいニュースもありますが、それまでに感染しないためにもしっかりとした予防策を取り、安心な生活を送りましょう!

起立、気をつけ、礼、ありがとうございました😊