「UNIQLO U」のデザイナーが元エルメスのディレクターだということを知り、朝一からUNIQLO Uの服を爆買いしてきたあつしです!!

ファッション業界では、ありえないことらしい😱

塾の先生として、勉強法や成績を上げる方法を日々、模索し続けているのですが、最近めちゃくちゃおもしろい情報を手に入れたのでご紹介したいと思います👍

まず先に言っとかなければならないのですが、成績を上げたいのであれば、基本的に近道はありません。毎日毎日コツコツと勉強して成績アップへの階段を一段ずつ登っていくしかありません。僕たち教師が教える成績を上げる方法や勉強法というものは、その足を速くする方法であって、エスカレーターを与えてるわけではないんですね。

だから、僕たちが教える方法を自分のものにして成績アップできるかどうかは結局その子の努力量次第だし、才能も多かれ少なかれ関係してくるでしょう。(だってどれだけぼくが質のいいトレーニングをして、世界一努力してもボルトより早く走れるわけないじゃん😭)

でも、正しい努力を積むことによって昨日の自分を超えていくことは誰もができます!!そのお手伝いをするのが教師とかコーチにあたる指導者の役目です!!

これはすごい大事なことなんで、これを踏まえた上でこれから話す内容を聞いてみてくださいね😊

前置きが長くなりましたが、今回紹介する成績を決めている要因、それは「友達」ですね。

「友達」の重要性を示すのにこんな実験があります。成績が同じような子供達を集めて、2グループに分け、1つのグループには、自分たちより成績の良い子たちと一緒に遊んでもらい、もう1つのグループには、自分たちより成績の悪い子たちと一緒に遊んでもらいました。すると、後の成績を測るテストでは、自分達より成績の良い子たちと遊んでもらったグループの方が成績が良くなっていたんです。

おもしろいのは、成績が高い子と勉強したのではなく、遊んだだけで成績が上がったという点です😱

だから小さい頃から良い人間関係を構築していくことはすごく大事で、自分一人で頑張るより質の高い仲間達の中で頑張った方が効率がいいんですね!!(THE 切磋琢磨💪)

今の人間関係を見つめ直して、自分の周りの人達のレベルが良くないなと思うなら、自分の行動から変えていき周りの人に伝染させていきましょう。あまりにもそのグループよ負のパワーが強すぎる場合には関係を断ち切るのも一つの手でしょう。

これを機に自分の人間関係を整理してみてください😄

起立、気をつけ、礼、ありがとうございました😊