1年に数回だけ揃う我が家の4兄弟が昨夜集合した三男のあつしです👍

兄貴2人は、確実に変人だということが分かりました…

家族について考えさせられた昨日ですが、そんな時にふと中学生時代の社会の先生が教えてくれためちゃめちゃ大事なことを思い出したので、みなさんにもお話ししたいと思います!!

当たり前ですが、僕たち人間にはお父さん、お母さんがいてそのお父さん、お母さんにもさらに両親がいてというふうに2人の男女のペアから子供が産まれてくるわけですね(色々な事情はあると思いますが、ご了承ください)

そこで自分の先祖のことを考えると、一代前にさかのぼると、先祖は「お父さんとお母さん」の2人、そしておじいちゃん、おばあちゃんの世代にまでさかのぼるとさらに4人増えるというふうに一代さかのぼるごとに、倍ずつ増えていきます!

今の平均出産年齢が約30歳(江戸時代は20歳より前だったらしいよ😱)なので、30年で一代と考えると、十代前までさかのぼった300年前には、2000人くらいの先祖がいることになるんです‼️

ここからさらに面白い話をしますね!!

この計算でいくと、僕たちの先祖は縄文時代とかにまでさかのぼるととてつもない人数になります!!

ここで、一旦時代ごとの人口の流れを見てみましょう!

令和2年→1億2601万人(総務省統計局)

江戸時代→約3000万人(Wikipedia先生)

戦国時代→約1000万人(社会工学研究所)

弥生時代→約50万人(鬼頭宏)

縄文時代→約2万人(鬼頭宏)

まあ、ざっと調べてみたらこんな感じでした…

あれ?先祖を辿って行ったら300年前ですでに2000人くらいでしたよね?これ縄文時代までいったら絶対先祖の方が人数多なりますよね?

なぜ、こんな不思議な状態が起きるのでしょうか?

答えは簡単で、先祖がかぶっているんです!!

これって本当にすごくないですか!?いじめの問題について考える時とか道徳の授業の時間に、「みんな自分たちのことを、家族だと思って接しましょう!!そしたらいじめなんかしませんよね?」みたいな話は聞いたことがあると思います。でも、これって意外とまじの話で僕たち日本人は、全員遠い親戚なのかもしれません!!

このことを知れば、周りの人達のことを考えず、自分の利益ばかりを考えて起こる行動なんかするわけもありません。

一度、自分の先祖に想いを巡らせてみて、普段から接している友達や知人を本当の家族なんだと思って過ごしてみましょう!!

それを日本人全員が意識できた時、もっとこの国が暮らしやすく、豊かな国になるんじゃないかなと思います!!

起立、気をつけ、礼、ありがとうございました😊