甲子園の開会式を見て、高校時代の練習を思い出し、一生あの頃には戻りたくないと吐きそうになったあつしです😱

悪い思い出ばかりでは、ないんですけどね…笑

さて、本日から101回目の夏の甲子園が始まったわけなのですが、開会式を見てても、高校球児の顔は、みんないい顔してますね!

僕も、あんないい顔つきをしていた頃があったのでしょうか。あったのなら戻りたい…

学生時代に何か1つの目標に向かって、学生生活のほとんどの時間を使い、一生懸命努力するというのは、本当に大事なことだと思います。

たしかに、勉強をがんばって、少しでもいい学校に行っていいキャリアを積むことも人生にとってすごく大事なことなのかもしれませんが、やっぱり仲間と鎬を削りあって、泥まみれになりながら、喧嘩したり、笑いあったりすることは、社会人になってからは中々出来ない経験だと思います。

好きな事や、得意な事で個性を発揮していくことが求められているこの時代に、自分がやりたいと思うことに朝から晩まで毎日、死にものぐるいで取り組む経験は、社会に出てからも必ず役に立ちます。

エレファントの子供達には、もちろんこの事は言ってありますが、家で過ごす時間が多くなっている現代の子供達に少しでも、夢や目標を持って、仲間と共に努力することの大切さが広まっていけばいいなと思います。

起立、気をつけ、礼、ありがとうございました😊